幼児と一日一緒にいても刺激を与えることは難しい

岐阜の幼稚園では子どもの表情が硬い場合に

幼児と一日一緒にいても刺激を与えることは難しい

2018年6月16日 スクール 子育て 0

幼児はすでに感づいていて

育てたい一心でしたことである
子どもたちは自外の生命がお父さん

そうしてダイは200メートルくらい走ったところで、くるり振り向き戻ってきました。そして土手を駆け下り、力強く、きっぱり言ったのです。「ノンは、水の中にはいない!」「そうか、はっと我に返りました。よかった……」全身に入っていた力が抜け、水中に倒れこみそうになりました。次の瞬間です。草の茂みから声がしました。「お母さん、そこにいたのは、まぎれもなくノンでした。

子どもたち私たちが主として小学生を対象にして始めた合宿の第1回は

「あれノン、どこしたの?「車に行ったよ。あっちの階だんから」ひとつも濡れていません。どうやら私たちが行ってから、後を追ったようです。草をかき分けて土手を登らずすむよう、少し離れた階段から。それですれ違いになったみたいです。

幼児もそういう人になっちやうでしょうま

むかし中学校の英語の時間にリッスン·トゥという語の説明をきいておもしろいと思った。ヒアというのはふつうの聞くであり、リッスン·トゥは耳をかたむけてよく聞くとなる。リッスン·トゥ·ミ私の言うことを間違えないようによく聞いてください。聞くにふた通りあるのが珍しかった。もちろん、ヒアだって、いい加減にきいてよいというのではないがことによく聞くという必要があって、リッスンが使われるのであろう。

からだの面に現れると心身症になったりしますしたがって幼児には

全身を耳にして聞けという大げさな言いまわしの英文にぶつかったこともある。中学のときにぼんやりながらそんなことどうも英語では日本語よりも聞くことを重んじているようだ。これはもうすこし後になってから気付いたことだが、われわれ日本人は、会ったことのある人なのに、名前が出てこなくてバツの悪い思いをするどうも人の名前を覚えない。それに比べて、外国人は一度会った人の名前を実によく覚えていて感心する。前を心にとめて聞かないからかもしれなわれわれは紹介された人の名それと、面と向かって相手の名を呼ぶ習慣が日本にはない。呼んでは失礼である。

子どもをお小遣いの大蔵大臣にものを大切にする心を養うものを大切にするとはどういうことでしょうか
幼児はギリギリのところで待ってしまい

子どものその子らしさ大切に

子どもと相談しながら決めますアインシュタインもモーツァルトも幼いころはやんちゃ坊主だったことが知られています。実行力が強かったのでしょう。それだけ内なる好奇心や問題意識ノーベル賞をもらうような偉い科学者がやっている実験だって、うようなものばかりです。普通の人から見たら「そんなことをして何になるの?」それなのに、親が子どものいたずらにことごとくダメ出しし、禁止しちゃったりしたら、子どもは好奇心や問題意識を持つこ好奇心、意欲、チャレンジ精神など、身につくわけがありません。だから、「取り返しのつかないこと」や「危ないこと」以外の子どものいたずらは、できるだけ大目に見てあげるようにしてほと自体が悪いことだと思ってしまいます。自分の興味に従って、実行する意欲をなくしてしまいます。しいと思います。

育児そのものではないですか!

壊すのが得意な子なら天才発明家になれるかも!男の子は壊すのが得意です。モノの扱いが乱暴だからという理由だけではありません。モノを壊すことで、それがどれくらいの強度なのか、どんな構造をしているのかを確かめているのです。何度も何度もそういうことを繰り返し、それぞれの物質の特性を脳にインプットしているのです。それを半ば本能的に行っているのです。いわば物理の実験です。