幼児の心の中には

岐阜の幼稚園では子どもの表情が硬い場合に

幼児の心の中には

2018年4月30日 子供 教育 0

子どもに習慣づけようと頑張っているのは他でもない

かえって熱がこもって下がりにくくなるばかりか、大汗をかいて脱水症状を起こす危険性すらあります。着せるものに迷ったらいつもと同じにして、よけいな汗をかかせないようにしましょう。発熱時にはよくおでこを冷やしますが、これは気持ちがいいからで、熱を下げる効果はありません。効率よく体温を下げるには、わきの下や太もものつけ根など、太い動脈が走っているところを冷やすことがポイントです目にゴミが入って痛がっています子どもが自転車で走っているときに、ゴミか何かが目に入ってしまったようです。ほうがいいのでしょうか?痛い!」目を開けるのがつらいよう。

児童の様々な能力が磨かれます

無理に目を開けさせて、入ったものをとったほうがいいのか、それとも眼科へ急いだ(7才·男の子)こすったり無理にとろうとしたりせず眼科でとってもらいましょう目にゴミや砂などが入ってしまったときは、目に異物が入って子どもが痛がっていても、絶対にこすらないのが鉄則です。外で遊んでいるときに目に何か入ると、子どもは汚れた手で目をこすりがちなので、目をさわらないよう、強く言いましょう。家庭でとろうとするのはおすすめできません。無理にとろうとすると、眼球を傷つけてしまうおそれがあるからです。目を水で洗うなどのこともしないで、とにかく急いで眼おん行ってください。

 

しつけ上は禁じ手でしょう

たとえば、「ここまでドリルをやらなかったら晩ご飯は抜き!」と脅して何が起てるかというと、最高の結果でもせいぜい「やったことを覚えて、次の日のテストでいい点が取れる」ぐらいです。今後に何が残るかといえば、脅されないと「今日はいいのか」と勉強しなくなります。親は毎日脅さなくてはなりません脅されて勉強して、その時は結果が出たとしても、す。それは間違いなく悪いストレスです。代償としてかなりのストレスを子どもに与えてしまいま人と比較するrお姉ちゃんはもっと成績良かったよ」親はきょうだい同士で比較しがちですよね。
子どもにもきちっと時間を守らせることができるのです一日も早く

子どもを叱っています

比較が勉強のモチベーションになるというのは、そこに「人より優位に立ちたい」という気持ちがあるからです。比較され続けることで、子どもは「お姉ちゃんよりいい成績を取らなければ「00君よりいい点を取ってほめられたい」という気持ちになりますが、それは他人が基準になってしまうということです。すると、比較対象である誰かが勉強しなくなれば自分も勉強しなくなります。将来的には他人がやらないことは自分もしないという人間になるか、常に他人と競わずにはいられない人間になってしまいます。さらにいえば、人の足を引っ張るようにもなります。

自分の願いを叶えたい子どもは

その子猫に階段の上から猫の名前を呼ぶと、一生懸命私を探すのですが、何度呼んでも上を見ようとはしません。試しに、階段を下りて小猫に風景が見えるように抱き抱えて、階段を上下してから再度試しても、上を見ようとはしません。平面しか歩けない子猫には、上下と言う感覚が生まれていなかったのです。猫は立体的に活動する動物です立体で活動する猫でさえ「生まれながらにして立体感覚を持っている訳ではない」と、その時初めて理解し、猫の成長とは「猫になる為の過程で有る」成長段階で、猫としての必要な経験を積み重ねないと、野良猫の様な猫としての本来の能力を持つに至らないのです。事に気付きました。その猫に上下と言う感覚が芽生えたのは、自分で階段を、段登れるようになってからでした。

コミュニケーションてます!

こうした物理的な距離感や空間認識がコミュニケーションにも深く関わって来るのです。他人にどれだけ近付いても大丈夫なのか?その物理的な距離や精神的な距離は?空間の中の自分の存在や、社会の中での自分の存在は?そうした概念的な距離感や空間認識も、物理的な距離感や空間認識をベースにした感覚の延長にあり、自分の経験を基にして、様々な距離感や空間認識の地図を書き換えて行くのです。ですので、物理的距離感や空間認識が培われていないと、精神的な対人的距離感や対人的空間認識が歪になってしまいます。また、危険を体験して「痛み」を感じる事は、共感性にも関係してきます。「痛み」を知らない者は、他者の痛みを理解出来ません。