育てるという気持ちが必要になるで息子とお父さんは似たようなものです

岐阜の幼稚園では子どもの表情が硬い場合に

育てるという気持ちが必要になるで息子とお父さんは似たようなものです

2018年3月18日 子育て 育児 0

子どもからいや!

我が子に対しても、勝った負けたよりも、全力であったかどうかを評価してやって欲しい。楽勝の相手に手を抜いて勝つような人間に育ててはいけない。そう言う人間は、負けると分かっている勝負には本気で挑まず、さっさと負けるか、勝負から逃げてしまう。この姿勢は、人生のあらゆる局面で現れる。辛いことから逃げ回る人間は自分の能力を伸ばすことなど出来ない。

育てにとってはとても必要なことなのです

いつでも、楽していられる場所を探して、そこを自分の居場所としてしまう。その結果、その子どもは全力を尽くすと言うことを忘れてしまう。いつも虚ろな目つきでへらへらと笑っている人間にしかならないだろう。それで良いだろうか?親として満足できるだろうか?結果よりも過程での努力を誉められてこなかったら、そうなることは間違いない。金やモノより時間が大切だ小さい子どもは親の会話を良く聞いている。

 

子育てがうまくいかないことが多々ありました

お母さんにとって卒乳は寂しいかもしれませんが、「もう5才だからおっぱいはやめようね」などと言い、がんばって卒乳していきましょう。おっぱいを飲ませるかわりに絵本を読んだり、体を使った遊びをするなど、スキンシップをするといいですよ。園でのことを家ではほとんど話してくれませんもともと口数の少ないうちの子は、保育園であったことをめったに話しません。行事があったときに「どうだった?」うにはどうしたらいいでしょうか?と聞いても、「よかった」などと言うだけ。園ではお友だちとも遊んでいるようですが、もっと話してもら(6才·男の子)行事の感想が「よかった」のひと言だったら具体的に言えるよう、子どもの口数が少なく、お母さんがリードを感想を聞いてもひと言で終わるときは、どう説明したらいいのかわからないのかもしれません。
幼児の心は90%くらい満たされたりします

教育をすこしずつふやしながら加味する

「そうか、よかったんだね」とまずは子どもの言葉を受けてから、「どんなふうによかったの?て感じ?面倒だから終わってよかったってこと?」「よかった」にもいろいろあるのだとわかるような例を出して問いかけ、子どもができるだけ具体的に答えられるようにしましょう。もともと感情をあまり表に出すことがなく、子どもが楽しそうにしていたら、口数の少ない子にしゃべらせる最終手段は、子どもの体をくすぐりながら、「どんなことがよかったか、と言いましょう。忘れられるのではないでしょうか。くすぐりっこをすることです。ちゃんと言ってみて」保育園でも楽しく過ごし、行事も本当によかったのだと思います。多少いやなことがあったとしても、お母さんとくすぐりつこをして笑うことで、とにかくおしゃべりで人の話を聞きません男の子なのにおしゃべりで1日中しゃべっているうちの子。

幼児の脳も日々の生活に参加させてください

「きれいに書いていけば、rみんなのために」人に貢献したいほっこりさんに効くセリフです。相手が多いほど心うきうき浮き立ちます。「みんなのために、お部屋を楽しく飾りつけしようか」など。「自分から」何かやりたそうにしている時はこちらです。このタイプは、したいことがあっても切り出せないことがあります。

幼児も家庭以外の集団の中で生活するときに

怒られないかな、キしちやうんです。たとえば、見つけたヒマワリのたねを植えたいとかね。いいのかなとドキドそんな様子に気づいたら「どうしたの?」と声をかけてください。「このたね、植えていい?」葉にさせます。そしたら「いいよ」やrㅇK!」を。