初台での交響楽団のチケット販売のアルバイト経験

東京に本拠地のある交響楽団でアルバイトをしたことがあります。仕事の内容はお客様から申し込みがあった当楽団主催のチケットを手配する、というのがメインでした。当然、PCが出来ないと席の空き状況なども確認出来ないので、仕事を始める前には、初台にある事務所でPCの研修を受けました。PCが苦手な私は気が重かったのですが、一定のキーを押すだけで済むので、ほっとしました。仕事場所は ほとんど初台でしたが、場合によってはコンサート会場に派遣されることがありました。
研修を終え、いよいよアルバイト本番が始まると緊張しました。最初の仕事は、初台の事務所にハガキで送られてきたチケットの申し込みを受けることでした。これは比較的簡単な仕事です。書かれたとおりにチケットを確保し、代金を請求し、入金されたことが確認されればチケットをお送りします。次は電話で申し込みを受け、PCで空席等を確認して、チケットを確保し、同じように代金を請求し、入金確認の後、お送りすることでした。
新人アルバイトとして初台の事務所で順調に仕事が滑り出した私ですが、あるとき、上司から赤坂にある音楽ホールのチケット受付にヘルプで入って欲しいと要請されました。日本でも有数の、すばらしいホールで、客としては何回か訪れたことはありますが、まさかそこで仕事をするようになるとは思いませんでした。そのホールで、今日 当楽団主催のコンサートがあるので、チケットブースの販売員のヘルプに入れということでした。実際、お客様と対面して直に接する機会なので 本当に緊張しました。

Leave a Reply